人気ブログランキング |

パルケ家万博deフレンチを食べに行く

 万博にある外国館のうちのひとつの「フランス館」。こちらでは三ツ星レストラン「グランヴェフール」のシェフ、ギー・マルタンのお料理が楽しめます。

 で、うちのお祭り男である父が(すでに2回行っている・・・)、その話を聞いた途端、
「ならお誕生日のお祝いをそこでしよう!!」
と言い始め、(我が家は兄以外は全員誕生日が6月なんです)
それのためだけに夕方から万博に行きました。

ちなみにうちからは車とシャトルバスで1時間ちょっとで行けるんです。

もちろん5時からの夜間入場券で入場♪

てくてく歩いてフランス館到着。エレベーターで3階へ。

コチラのレストランは¥6000のコースと¥10000のコースがありまして、我が家はお祝いなので¥10000のコースにしました。

パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17141637.jpg

前菜の「ラディッシュクリーム うずらの卵のポーチドエッグ添え」
ラディッシュの冷たいクリームスープにうずら卵がちょんと入っていてさっぱりしていておいしい。

パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17154560.jpg

お魚は「スズキのロースト 葱風味のクリームソース 季節の野菜添え」
スズキの火の通し具合の加減がちょうどよくて♪皮もぱりぱりと、クリームソースも軽くて♪

パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17172731.jpg

メインは
「牛ヒレ肉のポワレ 赤ピーマンソース 二種のフルーツチャツネと林檎のクリスピー添え」
お肉の火加減をあらかじめ言っておいたのでちょうどいい具合に通っていました。
赤ピーマンのソースがとてもきれい!!フルーツのチャツネもやわらかいけどパイナップルの味もしっかりしました。

とにかく一皿一皿の彩りがとてもきれいで、お皿もオリジナルのお皿でしたが、白のリモージュにボルドーのラインが程よいアクセントになっていて、・・・持ち帰りたくなりました(嘘です)
この色彩感覚は日本人には出せないかも。やはり文化が違いますからね。




フランス人がほとんどでして、一応片言の日本語はできます。(メニューも一生懸命日本語で説明していましたし)

で、で・・・、私、サービスの人が空いたお皿を下げようか・・・という感じできたので、ついフランス語で「コチラのお皿下げてもいいですよ」と言っちゃったんです。

そしたら・・・、以下フランス語での会話です。

サービスのお兄ちゃん:「フランス語出来るの?」

パ:「ええ、大学で勉強していたから」

サ:「じゃあフランスには来たことがあるのかい」

パ:「ええ、2回ほど」

との会話の後・・・

サービスの会話は全てフランス語になりました

まあ、私はいいですけどね
(でもそんなに出来ないですよ。食べ物に関する単語とレストランでの受け答えぐらいしかできません、本当に)
うちの父と母はフランス語どころか英語も出来ないので・・・。

なのでサービスのお兄ちゃんが話すたびに、結局通訳していた私・・・。

それを見た父のひとこと。

「そっかお前、大学フランス文学専攻だったんだよな」

って。・・・娘の専攻ぐらいおぼえておいてよぉぉぉ。大学進学のときにフランス文学にしたいって言ったらそれで喧嘩したの忘れたんかいっ。


このあとチーズの盛り合わせが出たのですが、すんません写真撮るの忘れました。
チーズって結構高いコースとか、あとはアラカルトで追加しないと出てこないので、これは楽しみでした♪

出てきたのは、「ロックフォール」というあおかびチーズと「コンテ」というハードタイプのチーズ。
ドライフルーツ入りのパンと共に出てきました。
なぜ白カビチーズ(カマンベールとか)じゃないのぉぉぉ、って。
ちょっとこの組み合わせはチーズ初心者にはきついんじゃないかな・・・と思いました。
・・・案の定うちの父と母は困惑気味。しかもドライフルーツのパンの中のドライフルーツが少なかったので、ちょっと食べにくい・・・。
せめて別にドライフルーツが欲しかったです。

パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17391540.jpg

デザートは「3種のクレーム・ブリュレ エストラゴンのアイスクリーム添え」
クレーム・ブリュレはプレーン・コーヒー・サフラン風味で。これはおいしかった♪クレーム・ブリュレってやっぱレストランのデザートで食べるとおいしい。
父が「エストラゴンって何?」と聞いたので、
「葉っぱ」とひとこと。ハーブといってもわかんないでしょう~(笑)
(ていうか自分が説明するのが面倒だったといえばそれまでなんですが・・・)

で、ここで食後の飲み物と
パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17434976.jpg

プチフール。レモンのタルトとフランボワーズのフィナンシェ、アーモンドのチュイルでした。このチュイルキャラメルがしっかりきいていてパリパリ♪

サービスのお兄ちゃんに(ずっとフランス語・・・)
「食後の飲み物どうする?」
と聞かれ
「何があるの?」
「コーヒー、エスプレッソ、カプチーノのどれかだよ」
「ハーブティーはないの?」
「ないんだよ」

・・・。
ハーブティーがないなんてなんですとっ!!

パルケさん、実はフレンチの後はハーブティーじゃないと駄目なんです。胃がすっきりしなくて。たいがいのフレンチのお店にはあるのにぃぃぃ、ないなんて・・・。
まあ「あんなくさい葉っぱのお茶なんて・・・」って言われそうだからって外されたんですかね・・・。

で、うちの両親に飲み物何がいいか聞いて結局3人とも
パルケ家万博deフレンチを食べに行く_b0065587_17492065.jpg

「カプチーノ」になりました(笑)でも美味しいカプチーノだったので許します。

これでグラスの赤ワイン・白ワインが1杯ずつついて1人¥10000ならお値打ちかな、と思いました。

久々のフレンチで幸せでした。


あ、コールセンターに問い合わせたときは「予約なしでも入れます」と言われましたが、お店のマネージャーさんいわく、「ご予約いただいたほうが、うれしいですし、これからは混み合って来ます」とのことでしたので・・・。

「レストラン・グランデフェール」
0561-63-4462
11時~14時、17時~20時の間のお電話は避けてお願いいたします、とのことでした。


・・・そのあとはどうしたって?
外国間ぷらぷらして帰りました。
企業パピリオンはまた予約取って出直します。
by parquet0628 | 2005-06-01 17:59 | おすすめの食べ物・お店達


フードプロデューサー&家庭菓子研究家が語る、美味しいもの・伝えたいものと新事業についてあれこれ


by parquet0628

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

パルケ(山田由加子)

フードプロデューサー&家庭菓子研究家。
12年間岐阜・東京にて製菓・料理教室運営を経て、現在フリーランスでフードプロデュースと事業展開準備中。。
美味しいもの情報や「食」を通しての気づきを中心に発信しつつ、新事業情報も更新中。

文章・画像等全ての
無断引用・無断転載
を禁止いたします
©2004-2017 Yukako Yamada All rights reserved

岐阜 レストラン
旅行口コミ情報



登録してみました♪応援の1クリックをお願いします!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

鰻長焼き定食@しげ吉
at 2018-04-07 16:01
フレジェ。
at 2018-02-25 17:22
チューリップが開いたら
at 2018-02-22 19:18
フリフリラナンキュラスと大人..
at 2018-02-20 10:28
紅茶の小さな金柑タルト
at 2018-02-08 15:57

以前の記事

2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

カテゴリ

全体
お仕事@パルケ
レッスンいろいろ@atelier
レッスン募集・受付@atelier
レッスンレポート@atelier
おもてなし@パルケ
お菓子@パルケ作
お料理@パルケ作
手作パン@一応趣味
おすすめの食べ物・お店達
おすすめサイトのご紹介
パルケが行ったカフェ
パルケが行ったインド料理店
パルケが行ったイベント・習い事
アトリエを飾るお花達
ラベル・カード@パルケ作
雑貨・本などなど
こんなイベントもおこないます
雑記(つれづれ日記)
お知らせ
スマホから発信♪
パリ2013

タグ

(766)
(525)
(221)
(163)
(153)
(134)
(125)
(63)
(40)
(38)
(37)
(36)
(28)
(14)
(12)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
おうちおやつ

画像一覧